PICK-UP この1枚 
 

    -No.8-                                                                                                   PICK-UP この1枚 / BUCK NUMBER 

  【オリジナル・美品】                                                        

    EVERYBODY LIKES HAMPTON HAWES vol.3 : THE TRIO / CONTEMPORARY / C3523(ORIGINAL / US)

    SOLD OUT  (レコード在庫DATA一覧より)

  
  
[基本属性]  A   N+/N+ / DG / YERROW LABEL / Back CVR.: 2 Color / Matrix No. D7/D4 / 巻きCVR. / 上額アリ

     オリジナル盤です。CVR.若干のカスレ程度で外周部/カド部も概して良好、盤/美盤の良品です。

  試聴感もいたって良好。また"巻きカヴァー/上額" "カヴァーBACK COLOR 2色"の1st'ジャケットです。

  なお無音部のD-No.はD7/D4です。盤/ジャケともに良い御品ですので、お探しの方はぜひ !  当店オススメ盤です。

   

  ★CONTEMPORARY LABELのスタンパーに見られるD-No.について

  STAMPER記載の"D-○(○の中は数字)"に関してですが、 まず最初にD1~4-8くらいまでの「版型」を複数個まとめて作成してから
  プレス製造担当各社に送致 → 製造 → 販売、というプロセスを辿ったものと考えられます*
  Contemporary盤のスタンパー部分を観察していると分かりますが、ある特定の盤にはA/B共に、決まった番号だけよく見られたり
  (または特定の組合せしかなかったり) あるいは、A/Bでたとえば本作のように、D7/D4などとチグハグだったりする事例がよく見られるのは、制作プレス工場に
  送られた"版型"が「たまたま」A=7番目の制作型/B=4番目の制作型だったからではないか、そして発売するレコードによっては制作された版型が、
  元々少ないがゆえに同じ組合せのものを見る機会が多いのでは…と解するといろいろ疑問が氷解します(当店の予断です)
  なお、便宜上<D○/D○>などと備考欄に表記しますが、D-No.は実際のところ音質には 関係がないように思われます(No.が若いのを良しするのは分かりますが)
  
  *例えば<C3527/Sherry Manne/My Fair Lady>のようにリリース好調で、当然追加プレス(多分)されただろうケースも、各種あるかとおもわれます。

 

 
 


 
HOME