PICK-UP この1枚 
 

    -No.2-                                                                                                             前ページに戻る 

 

    LOU DONALDSON QUINTET / WAILING WITH LOU / BLUE NOTE /BLP1545

    SOLD OUT  

 

  2017年7月末までの「期間限定販売盤」の内の一枚です。

     いま、手元の Frederick Cohen本をひも解くと、完全オリジナル盤は [ 1545…NY23,RVGe,fr / W63,f,bs,nl ] とあります。

     その意味は、

   [ レーベルADD.はNY23 / 盤内周はRVG手彫り(etch) / フラット盤 / CVR.裏ADD.47W63rd(Inc.なし) / 額縁有 / 背文字なし / ラミネートなし ] となります。

     本出品作は2nd'盤となり、オリジナル仕様に対照させると、

   [ レーベルADD.は47W63rd / 盤内周はRVG手彫り(etch) / GG盤 / CVR.裏ADD.47W63rd(Inc.なし) / 額縁なし / 背文字なし / ラミネートなし ] となります。

   上記緑字が、オリジナル1st' との相違となります。またむろん CENTER LABEL にもInc.はありません。このBLP1545は CVR. の額縁がなくなる端境期でもあり、

   正真正銘の <2nd'> だとおもわれます (いささかおかしな表現ですが)

   また「特選盤-価格DATA」には状態説明として… Side-A/B冒頭にごく軽いヒートダメージあり(もちろんトレースします) カバー/右上軽い補修跡あり とありますが

      (補修部=右上割れ10cm) 上段の
赤字部分は実際、スレにしか見えないごく程度の浅い瑕疵であります(本当です) カド部も良好、

  フロントのスレ少なく裏面もキレイです。ようするにグレードとしては A' となりますが 、「なかなか佳い状態である」といって差し支えないものとおもいます。

    また盤も A-N/B-N 評価ですが、実際は両面とも上級の N+ ともいうべき良好な状態であり、それを阻害した件の「軽いヒートダメージあり」は

  (もちろんトレ−スします) などと付言されていると、果たして大丈夫なのか ? と 、ともすればおもわれがちでありますが (紙幅の関係で DATA 詳述記載できず)

  実際、試聴する限り以下のような感想でありました。

  SIDE-A …冒頭無音部に非常にささやかなごく弱い「サッ」という部分3回出現、Hダメージの影響とおもわれますが、曲冒頭が Art Taylor のソロより始まるので、

  ほぼ耳にする影響は上記のみかとおもいます。また「サッ」音も無視できるレベルの程度のもの、とは当店の見解です(DENON/D-102にての試聴)

  SIDE-B …やはりAと同等と思いますが、曲開始までの無音部で、軽めのパチ音二回あるのでよくわかりませんでした。なお特段、演奏開始後のダメージは感知せず。

  見た目の印象 …パッとみた程度は中々分かり難いですが (光に当てるとわかる位) 瑕疵部は最外周部に寄っているので、演奏への影響はごく軽いのだと推察されます。

  以上、状態の詳述となりますが冒頭のご案内の通り、本盤は諸事情にて 7/31(月) までの期間限定販売となっており、その後は完全登録抹消となりますので、

  ご興味をおもちのお客様は、 期限内にどうぞよろしくお願いいたします。
 


CVR.ですが、一見スレにしか見えぬフロント/右上瑕疵(左)以外は、辺部スレのみ。

 


                                    右上に雑品シール(BIEM)2枚貼付あり。

 


左右)一応ヒートダメージ当該部なのですが、 ちょっと分かり難いかもしれません。

 


 HOME